閲覧していただいているみなさまへ

    • HOT!
    • 食
    • くらし
    • イベント
    • こども
    • 自分磨き
    • 主婦ラボレシピ集♪
    • 主婦ラボ モニター募集
    • お仕事情報

    コミュニティー

    • コラボPR
    • 公開ネット会議室
    • コラボ企業募集
    • 社会への提言

    主婦のニーズを実現

  • HOME
  • コミュニティー

コミュニティー

★ルンバが当たる!CuLabo(くらぼ)創刊準備号コミュニティ

★ルンバが当たる!CuLabo(くらぼ)創刊準備号コミュニティ
コミュニティ名
★ルンバが当たる!CuLabo(くらぼ)創刊準備号コミュニティ
カテゴリ名
主婦と企業の公開ネット会議室&コラボ企業募集!
メンバー数
2180人

主婦ラボで行われたさまざまな取組みがフリーマガジンになりました!

表紙から各ページの企画がそれぞれトピックになっていますので、アンケートにぜひご協力ください。書いていただいた内容は、今後の改善やアイディアに活かしていきます。 企業や行政の商品・サービス店舗などに対し、どうだったらもっと買いたくなるのかを伝える、主婦ラボのみなさんで作る女性消費者発信マガジンです。

●プレゼントについて 各トピックごとのプレゼントに加え、全書き込みコメントから抽選で1件1名様にロボット掃除機 『アイロボット ルンバ ピンクリボンモデル』をプレゼント。トピックによってはそのトピック限定のプレゼント(美深町のパイサブレ『シラカボ』10名様、ベル食品『華味』『スープカレーの作り方』3名、栄養ドリンク10本セット5名他)もダブルで当たります♪5月末に抽選します。

★会員登録がまだお済みでない方は、↑→の緑色のボタンから会員登録におすすみください!今後商品モニター(北海道内外)や覆面調査(北海道内)への募集情報も届きます。

●CuLabo(くらぼ)の入手について 1年以内に主婦ラボにログインしている、住所に漏れのない方には郵送でお送りしていますが、以下の店舗で配置されているのでそこで入手することもできます。 (2012年4月16日から) ・セイコーマートの道内全店 ・ラッキー(山の手店、発寒店、篠路店、新琴似4番通り店、北49条店)

●CuLabo創刊準備号のPDFでもご覧になれます

表紙、裏表紙、2-7ページ(主婦ラボ登録説明、魚特集)
http://l-eyes.com/contents/wp-content/uploads/2012/04/1ff5538f79e407c3c2241dfe8f43fa952.pdf

8-17ページ(みそザンギ、家飲みバル、美深町パイサブレ開発、健康診断)
http://l-eyes.com/contents/wp-content/uploads/2012/04/6e10e7bfb7bfe8df21c0a80cb15b68c81.pdf

魚特集ページについて(4-7P)2012年04月18日
管理スタッフ


★このトピックはSNS外で一般閲覧されるトピックです

主婦ラボで行われたさまざまな取組みがフリーマガジンになりました!
各ページの企画がそれぞれトピックになっていますので、アンケートにぜひご協力ください。書いていただいた内容は、今後の改善やアイディアに活かしていきます。

魚特集ページを詳しくご覧になりたい方はこちら
http://l-eyes.com/contents/wp-content/uploads/2012/04/d1b301d934c44c77659b884d01c8731a.pdf

(1)4-7ページの『魚特集』の内容はいかがでしたか?もっと魚について知りたいこと、良かったところ、もっとこうだったらいいなと思うこと、感想など何でもコメントして下さい!

(2)あなたの気持ちに当てはまるのは?

1, 魚を食べたいと思っているし頻繁に食べている
2, 魚を食べたいと思っているが、時々しか食べていない
3, 魚を食べたいと思っているが、ほとんど食べていない
4, 魚を食べたいと思わない
5, その他(    )

(3)誌面を見てどう思いましたか?(複数回答可)

1, 共感したところがあった(思うように食べられていない理由など)
2, スーパーで魚の下処理や数調整など頼んでみようと思った 
3, 紹介されている魚料理を作ってみようと思った 
4, よくわからないところがあった 
5, その他(      )

※CuLabo(くらぼ)創刊準備号コミュニティの全トピックへの書き込みの中から、1件1名様にルンバ ピンクモデルをプレゼント♪

コメント

  • 1件〜19件(全19件)を表示
  • 全て表示
  • 最新の20件を表示
  • 1
12012年04月17日
かいくん
(1)  全体が青系の色で、魚っぽくてイメージぴったりですね!
    パックになったエビの量を減らしてもらえるのは知りませんでした。
    にしんやほっけなど、北海道の地産のレシピ、良かったです。
    スクラップブッキング風のレイアウトも素敵で〜す(^^)
    
    材料が1人分の分量で掲載されてますが、
    2人分か4人分の方が分かりやすいかな〜。
    1人分では作らないから。


(2)  1 週にお肉と魚が半々です。

(3)  2.3  ニシンって小骨があるから嫌煙してましたが、
    揚げれば気にならないと、スタッフコメントにあったので、
    作ってみようかな〜! 
22012年04月17日
イエローハウス
?青色の文字が、もう少しダークな方が老眼に優しいかもしれません。
 私も分量は2人前〜が助かります。
? 
? ´
32012年04月18日
5テン
(1)
魚屋は接客がぞんざい気味というイメージがあります。
実際、あまりに対応が悪く、客が減りスーパーのテナントから撤退した店舗も。
担当者が怖いというか、なぜ客が委縮する対応しかできないのかその原因を知りたいです。

魚屋さんへ下処理も頼んだこともありますが、よっぽど接客がよくないと頼もうという気持ちになりません。
それなら、自分で処理しちゃうか、処理された魚を購入してます。


私はレシピが1人前というのはいいと思います。
家族構成はその家庭によって様々。
夫婦二人から子供の数が複数いる家庭もあります。
3人家族の我が家の場合は1.5倍にしなくてはならず、
それより3倍のほうが計算しやすいです。


(2)


(3)
 
42012年04月19日
ともきち
(1) 魚売り場に直撃がとっても良かったです。聞きたいことを聞いてくれて。読んで思いましたが、シャイで(?)なかなか声を出せないので、番号札や「3枚おろし」などの札を出して下ごしらえしてもらえる、というのが買い物する主婦としては楽かもしれないですね。前に下処理を頼んだ時、いったいいつ終わるのかわからなくてぐるぐる歩き回り、行ってみたらいつのまにか終わってて黙って持っていっていいかわからなかったので、調剤薬局みたいに「4番の方〜」なんて呼んでもらえると時間短縮で嬉しいです。

(2) 2 子どもを魚好きにしたい!

(3) 1、2、3  ほっけのピカタ、子どもも食べられそう。「三枚おろしにして!」とかっこよく言いたい。
52012年04月19日
yumigon
(1)売り場でどのように頼んだら良いか等わかりやすかったです。
  あとゴミの処理方法等知ることができました。
  魚のレシピのところの献立の例がよかったです。
  夕飯を考える手間が省けました。

(2) 2 子供が好きなのでもっと食べさせたいけれどやっぱり高いので時々になります。


(3) 3 いつも焼くだけなのでピカタやってみたいです。
62012年04月19日
yumigon
(1)売り場の直撃はすごくためになりました。身近のラッキーで直撃っていうのがまた良かったです。お魚を買いやすくなりました。また、メンバーさんのレシピは出来上がりの写真など付いていた方が見やすかったです。

(2) 2 お魚の種類もいつもワンパターンになりがちです

(3) 2・3 お魚屋さんに話しかけやすくなりそうです
72012年04月20日
よっち
(1)売り場の直撃、とても参考になりました。今まで、下ごしらえを頼んだことがなかったのですが、頼んでみようかな?と思いました。

  P7の「献立の参考に」のレシピも載せて欲しかったです。

(2)3

(3)2
82012年04月20日
よっち
(1)魚のレシピおいしそうでした。管理栄養士さんのお話が、あればよかったです。6ページの内容はは半分でも良いかなとおもいました。魚は自分でもさばきますが、最近は自分が料理したいようにさばいてもらっています。プロのさばきはとってもきれいだし、その間に買い物もできますね。

(2)1

(3)3
92012年04月21日
kokikoki
(1)食べたくても魚料理のレパートリーがなかなか・・・という主婦の方は案外多いと思う(わたしもその一人です)ので、レシピは参考になります。

(2)2

(3)3
102012年04月25日
ぼの子65
(1)4-7ページの『魚特集』の内容はいかがでしたか?
マイレシピが載ってる♪と小躍りしました(笑)
他の方のレシピも写真付きだともっと作りたい!!って意欲がわくかな?と思いました。
あと売り場の直撃はとても参考になりました♪
売り場の方とコミュニケーションがもっと取れると魚の新しい調理方法なども教えてもらえていいな〜って思いました。なかなか対面式はないので、あれなんですが・・・

(2)あなたの気持ちに当てはまるのは?

1, 魚を食べたいと思っているし頻繁に食べている
子供たちも魚が大好きです♪もっと新しい調理法などを知りたいな〜って思ってます。



(3)誌面を見てどう思いましたか?(複数回答可)

1, 共感したところがあった(思うように食べられていない理由など)
2, スーパーで魚の下処理や数調整など頼んでみようと思った 
3, 紹介されている魚料理を作ってみようと思った 

とてもわかりやすく、かわいらしくて楽しめました♪
112012年05月02日
もぐたん
(1)鮮魚コーナーのスタッフさんの生の声は勉強になりました。
 考えてみると私は今まで一度も処理を頼んだことないです。
 わざわざ魚の食べ方を聞いたり、さばいてもらったりする待ち時間とか…。
 だからいつも買うお魚がマンネリ化してしまっているんですよね。
 この記事を読んでもっと鮮魚コーナーを利用して食べたことのないお魚に
 どんどんチャレンジしてみたい!!そう思いました。
 レシピも手間がかからず美味しそうな魚料理がたくさん載っていたのでこれから
 参考にしますね。

(2) 2, 魚を食べたいと思っているが、時々しか食べていない

(3) 1, 共感したところがあった(思うように食べられていない理由など)
   2, スーパーで魚の下処理や数調整など頼んでみようと思った 
   3, 紹介されている魚料理を作ってみようと思った 
122012年05月04日
たんぽぽ娘
(1)管理栄養士さんの声をもう少し広げてほしいと思いました。

(2)1

(3)2

でも、特売のは断られることがおおいので悲しくなります。
132012年05月05日
koie
(1)スーパーの魚売り場が身近に感じられる記事でした。
 ラッキーの宮の森店によく行きます。今度、立ち寄ってみます。
 魚の下処理はたいてい自分で済ませます。
 どうせ家で食べるんだから多少見かけが悪くてもどうでもいいのです。手が汚れてもどうでもいいという性格だからでもあります。
 ただし、誰かが家にくるときは魚屋さんに頼ってしまうかもしれません。
 カッコよく切りさばいた魚でないと・・・

(2) 1

(3) 1
142012年05月07日
キュウセイカネゴン
(1)「もっと、いろんな料理で高菜を食べたい!」に載っているアイディアの詳しいレシピを知りたかったです。
レシピはWebでとかどうでしょう?


(2)2, 魚を食べたいと思っているが、時々しか食べていない

(3)誌面を見てどう思いましたか?(複数回答可)

1, 共感したところがあった(思うように食べられていない理由など)
2, スーパーで魚の下処理や数調整など頼んでみようと思った 
3, 紹介されている魚料理を作ってみようと思った 
152012年05月09日
リコちゃんママ
(1)魚を献立に取り入れたいと思いながらも、グリルの総司や臭いが気になって敬遠しがちでした。スーパーの魚売り場のサービスをもっと上手に活用して、大切な家族にもっともっと魚を美味しく食べさせて井野で、レシピさんこうになりました。

(2) 3 

(3) 2 
162012年05月11日
まみ
(1) 魚をフライパンで洋風アレンジで食べられるレシピがいくつかあり参考になりました。この方法なら肉料理と同じ感覚で作れて、洗い物(グリル)の手間も省けるので、もっと積極的に魚料理を食べてみよう!という気持ちになりました。

(2) 3, 魚を食べたいと思っているが、ほとんど食べていない

(3) 1・3
172012年05月18日
まみ
1、たくさん魚のレシピがあってレンジでできるサバの味噌煮を作ろうと
思ったら調味料が何なのか詳しく書いてなかったので
書いてもらいたかったです

2、1 肉より魚が多いです 塩焼きが一番好きですけどたまには
    違う調理法でも作っています

3、3,4
182012年05月22日
まみ
(1) スーパーによっては担当者さんが見当たらない時もあるしね〜なかなかさばくのをお願いするのがキビシい時も多いものです。ラッキーさんみたいに呼び出しボタンがどのお店にもあるといいよね。
お魚レシピだけど、HPで公開するとかしたらいいのにね〜。

(2) 2
ダンナさんがあまりお魚好きじゃないので、食べれるメニューが限られてるのだ!だから外ではできるだけ魚メニューを食べるようにしてます。

(3) 1
爽やかな色使いで女性向けの誌面ですね。読みやすくていいと思います。
192012年05月23日
リコ
(1)鮮魚コーナーの「下ごしらえ受け付けカウンター」や「呼び出しボタン」を利用したことがありませんでした。鮭やタラなど、1匹丸ごとだと割安なのは、切り身にする手間がかかっていないから安いのだろうと思っていたので、それを切り身にしてもらうのは気が引けるのです。しかし、さんま1本でもという記事を見て、勇気を出して声をかけてみようと思いました。

(2)2

(3)1,2,3
  • 1

ページの先頭へ