閲覧していただいているみなさまへ

    • HOT!
    • 食
    • くらし
    • イベント
    • こども
    • 自分磨き
    • 主婦ラボレシピ集♪
    • 主婦ラボ モニター募集
    • お仕事情報

    コミュニティー

    • コラボPR
    • 公開ネット会議室
    • コラボ企業募集
    • 社会への提言

    主婦のニーズを実現

  • HOME
  • コミュニティー

コミュニティー

くらし

くらし
コミュニティ名
くらし
カテゴリ名
コミュニティ
メンバー数
2619人

日常生活に関わることいろいろ

*ネット発信メンバーのみなさんへ*
こちらへの書き込みは自動的に『主婦ラボ』一般閲覧サイトに転記されます。
http://syuhu-labo.net/

地球温暖化対策2008年02月26日
ayama
昨日、筑紫哲也のNEWS23で、特別番組をやってましたね。
最後の1時間しか見られませんでしたが、
切迫感が一気に強まりました。

化石燃料を使わない暮らし、食べ物を捨てない暮らし、
改めて見直したいと思います。
自動車は早急に別のエネルギーのものに転換したいです。
とりあえず、電気はマメに消して、温水は使うときだけ、
ストーブは1度下げて多めに着込みました。

みなさんは、どう考えていますか?
具体的にどんなエコをやっていますか?

コメント

212008年03月06日
よっち
セヴァン=スズキスピーチ全文

こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。

 今日の私の話には、ウラもオモテもありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。

 私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。

 太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらは、もう永遠にもどってはこないんです。

 私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子どもたちの世代は、もうそんな夢をもつこともできなくなるのではないか?あなたがたは、私ぐらいのとしの時に、そんなことを心配したことがありますか。

 こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。

 どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。

 ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でもほんとうは、あなたがたもだれかの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子どもなんです。

 私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。私は恐い。でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

 私の国でのむだ使いはたいへんなものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおうとはしません。物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。 カナダの私たちは十分な食物と水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。

 2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。ひとりの子どもが私たちにこう言いました。
 「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」
 家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

 これらのめぐまれない子どもたちが、私と同じぐらいの年だということが、私の頭をはなれません。どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってしまう。私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドでこじきをしてたかもしれないんです。

 もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけどこのことを知っています。

 学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、
 

争いをしないこと

話しあいで解決すること

他人を尊重すること

ちらかしたら自分でかたずけること

ほかの生き物をむやみに傷つけないこと

分かちあうこと

そして欲ばらないこと

 ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

 なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰のためにやっているのか。それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。 親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

 父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私はいわせてもらいたい。もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。

 最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。
222008年03月06日
ayama
16年前にこんなスピーチがあったんですね。
そうです、のんき過ぎるかもしれないです。

将来に負荷を先送りして今消費して楽してる・・・ような
後ろめたさも感じました。

28歳になったスズキさんに、洞爺湖サミットでも
スピーチをしてもらいたいものです!
高橋はるみさん、どうでしょうか!!
232008年03月07日
きゃっぴー
感動しました!というより、耳が痛いです。考えてみれば、このようなことは私も子供の頃思っていたような気がします。(環境問題とはとらえていませんでしたが・・・)どうして戦争が起こるんだろうか・・・とかこのあまって捨てられる食べ物を貧しい国にあげることが出来ないのか・・・大人になるにつれその疑問の答えがわかった時点で納得して終わってしまったような気がします。しかたがない・・・と思って・・・
今、この子はどう思って、どう行動しているのでしょうか・・・少し勉強してみます。
242008年03月07日
いっこ
私も2年くらい前からマイバッグ持参で買い物に行ってます。うっかり忘れるとスーパーの前からでもまた家まで戻っていたのですが、車での移動なのでCO2排出になると思い直してあらかじめ車に5、6枚マイバッグを積んでおくようにしました。100均商品のマイバッグですが結構使い勝手がよいので気に入ってます。
「伝説のスピーチ」心に響きました。できることから始めようかな〜という時期をもう過ぎているかもしれない。みんなが意識して行わなければいけない時期になっていますよね。
252008年03月07日
よっち
1922年じゃなくて、1992年でしたね〜(><)すみません。
ネットで、「伝説のスピーチ」で検索してみてください。生のスピーチも聞けますよ。
262008年03月07日
kuri-co
よっちさん全文記載して素晴らしいです!
何かがきっかけで環境のことを真剣に考える事ってありますね。
私はこの本を子どもに読ませたくて買いました(響いたかどうかはわかりませんが・・・・)
「あなたが世界を変える日」と言うタイトルで学陽書房から出ています。(マイレビューにのせています。)時々読み返して、毎回じ〜んときてます。

もう少し小さな子どもさんには「地球のスイッチ」おすすめです。
絵本ですがとてもわかりやすく、普段出来る事がたくさんのっています。

環境について親子で話すことも「地球温暖化対策」の一歩になるかも知れませんね。
272008年03月07日
よっち
kuri-coさん、
最初、読んだとき、私も涙が出ました!!本、買って私も読ませたいと思います。
282008年03月10日
ayama
昨日TVでバーチャル・ウォーター、例えば牛丼一杯食べたら、どれだけの水を使ったことになるのかという指標のことを取り上げていました。牛の食べる餌を育てるのに使った水から始まって口に入るまでです。

いつも、「どっちがいいのかな」と思うのが、

『納豆を食べた後の容器』

,海里泙淒海┐襯乾澆
⊃紊農って乾かしてリサイクルゴミに

もちろん△札幌市の仕分けではそうなっているのは知っています。
が、納豆の汚れってなかなか落ちず、
水を大量に必要とするので悩んでしまうのです。

さらに、「リサイクルするのにかかるエネルギー」や、
「洗う労働力」などを足して考えると
断然,里曚Δいいのではないかと・・・

・ティッシュで拭いてリサイクルゴミ?
・紙容器の納豆を買う?
292008年03月10日
azutea
私もayamaさんと同じことで毎回悩みます!!
私は燃えるゴミにだしてしまうことが多いかも・・・

あのネバネバをとるには相当の水と労力が必要ですよね・・・・
302008年03月10日
kuri-co
納豆は最近、「ポン納豆」に変えました。知っています?昔からあるものです。
それというのも、あの容器の処理に困っていたから。。。
ゴミの量は随分減りました。
洗うのは納豆を混ぜる食器が一つと、ビニールだけなので
家族で4パック食べていた時に比べると水の量も断然減ったと思います。

台所で処理をするのは私たちなので、
容器包装も、もっと主婦の意見を取り入れて欲しいですね。
312008年03月10日
♪ゆっちん♪
私も納豆について 同じこと考えてました!
容器改善して欲しいですね。

スズキさんのスピーチ心に響きました・・・子どもにもみてもらおうと印刷しようか考えてたら本が出ているんですね! 
早速 買って読んでみたいと思います。
もちろん「地球のスイッチ」も。
322008年03月11日
きゃっぴー
私もここ数日納豆の容器について考えていたんですよね。「ポン納豆」は一時期そう思い買ったのですが、納豆じたいがあまり口に合わなくてやめちゃったんですよね〜

容器はかさばるし、なんならあのからしやタレもどうでもいいです。
332008年03月11日
ayama
ポン納豆、さっそく買ってみました。
100gって3人だと少ないし、2つあけると多そうだ、、、なんて思いながら、
70円!それをみなさんに習って半額のを選びました!

もうひとつ、『ヤマモトの宝納豆』北海道大豆だし、オール紙の外装です!
ラッキーで85円でした。紋別の会社です。
明日の朝は食べ比べです。

後ろめたさ無く、明日は「燃えるゴミ」に直行!
342008年03月11日
kuri-co
確かに少々少なめですね。
「ポン納豆」に変えてからは、量を増やすためにいろいろなものを納豆に混ぜるようになりました。この前はキムチ納豆が大好評でしたよ。

「ヤマモトの宝納豆」いいですね。私も明日早速チェックして見ます。

地球にやさしくて身体にもいい納豆って、2重にお得な感じがします。
352008年03月11日
kokikoki
↑ ここで何回も出てくる「ポン納豆」ってなんですか???
それは、神奈川にもあるんでしょうか???
スーパーなどで見かけたことがないような気がします。。。

納豆パックのあのネバネバなかなかとれませんよね。。。確かに。。。
362008年03月12日
よっち
私も「ポン納豆」どんなものか、知りたいです。

昨日の新聞記事で読みました。
06年度のCO2排出量は、1990年度と比べて、産業部門が6パーセント減少しているのに、家庭部門は30パーセントも増えているそうです。私たち頑張らないといけませんねぇ〜〜。

「一人1日1kg削減」が政府が挙げている数字だそうです。男性記者さんが、一日で減らしたCO2の量も載っていて、興味深かったので書いてみます。

☆エアコンの暖房設定を2度下げる         96グラム削減
☆暖房の利用時間を1時間減らす         37
☆掃除機の使用時間を5分短く            28
☆テレビを見る時間を5時間減らす         65
☆ホットカーペットの設定温度を1段階下げる  163 
☆主電源をこまめに切って待機電力を削減    65
☆冷蔵庫に物を詰め込みすぎない         18
☆冷蔵庫を壁から適切な間隔で設置        19
☆食器を洗うときガス給湯器の温度を低く設定 29
☆温水シャワーの使用時間を4分短く 296
☆買い物に自動車の代わりに自転車を利用 180
☆マイバッグを持ち歩き、省包装の野菜などを購入 62

                           計 1058

これだけやって、1日1kg達成なんですねぇ〜。大変かもしれませんね。
372008年03月12日
azutea
↑↑↑
普段の生活でちょっと意識していれば、出来ることばかりですね!!
さっそく、今日から実行してみます!!
小さなことでもコツコツとやり続けることが大切ですね・・・!!
382008年03月12日
ayama
すこしずつ、ですね。

リサイクルよりも、リユース、
暖めるより着る、
捨てるものはもらわない、(チラシ、おもちゃ、景品)
緑を増やす・・・
まだまだありそうです。

冬の北海道はCO2出しまくりなので、夏の間により頑張らねば。
392008年03月12日
kuri-co
そうですよね!北海道は本当にCO2を出しています。
全国平均の1.3倍のCO2を排出しているんですよ。
そして、温暖化の影響は北に行くほど受けやすいといわれています。

データによると、地球全体は100年間で0.7〜0.8℃年平均気温が上がっています。
日本は100年間で1.0℃。そして札幌はなんと!2.4℃も上がっています。

年々、「札幌の夏はこんなに暑かった?」、そして「小さな頃は冬ももっと寒かったはず!」と感じる事が多くなってきてます。

札幌に住んでいる私達で小さなことを続けていけば、何とかなるかも知れないですね!
402008年03月12日
きゃっぴー
寒さのピークを過ぎましたが、いままでのところ、今シーズンの灯油代は去年より少なく済みそうです。灯油代の値上がりのことを考えると去年よりがんばったなあと思います。(去年も結構気にしていたので・・・数年前から比べるとかなり減らしていると思います。)

ページの先頭へ