閲覧していただいているみなさまへ

    • HOT!
    • 食
    • くらし
    • イベント
    • こども
    • 自分磨き
    • 主婦ラボレシピ集♪
    • 主婦ラボ モニター募集
    • お仕事情報

    コミュニティー

    • コラボPR
    • 公開ネット会議室
    • コラボ企業募集
    • 社会への提言

    主婦のニーズを実現

  • HOME
  • コミュニティー

コミュニティー

HOT!

HOT!
コミュニティ名
HOT!
カテゴリ名
コミュニティ
メンバー数
2620人

時事ネタ、お楽しみトピックなど


*ネット発信メンバーのみなさんへ*
こちらへの書き込みは自動的に『主婦ラボ』一般閲覧サイトに転記されます。
http://syuhu-labo.net/

聴いてよかった…上光証券セミナー『しあわせ持ちになろう!〜人生を通じてのお金との付き合い方』感想です2014年09月19日
管理スタッフ


2014年9月19日(金) 主婦ラボ運営会社螢┘襯▲ぅ困砲董
表題のセミナーが行われました。
主婦ラボメンバーさん8名が参加しました。

講師はたいへん有名なファンドマネジャー藤野英人さんでした。

投資についてのしくみや商品のお話かと思ったのですが、
人生における投資とは…日本の経済や社会貢献のために…
という深い深いお話しで、1時間があっという間でした。

参加メンバーさんは考え込んだり深くうなずいたりしながら聴いていましたね。

どんなことを思ったのか、印象的だったところはどんなことなのか、
また、主催である唯一の北海道地場証券会社、上光証券さんが
なぜこのようなセミナーを行うのか…
参加したメンバーさんは感想をここにお寄せください。

よろしくお願い致します。

★上光証券HP:http://jyokoshoken.co.jp/
★藤野英人さん:http://www.rheos.jp/about/director.jsp

コメント

  • 1件〜12件(全12件)を表示
  • 全て表示
  • 最新の20件を表示
  • 1
12014年09月19日
のんのんべえ
今日は上光証券セミナーに参加してきました。
昔、私も証券会社でOLをしていたので、上光証券さんのことは知っていましたが、
北海道で唯一の地場証券会社だとは知りませんでした。しかも80年の歴史があるとは、本当にすごいですね。
その上光証券さんが招いたゲストが今、一番有名なファンドマネージャーの藤野英人さんだった。どんなもうけ話が聞けるのかと思いきや、そんな血生臭い話ではなく、
投資とは、愛である。未来である。投資には我慢が必要である。時間が必要である。
投資は育てることである。だった。
そして、投資には自己投資と他己投資がある。他己投資は人に何かをしてあげるとか、教育するとか、見返りを求めずすることだ。と、聞き、私も息子の教育には随分投資しました。出世払いでもあるかと、ほんの少しの期待もしたけど、まあ親に迷惑もかけず、結婚もし、社会人として、
今あるのは、私の投資も間違っていなかったなあと、今日の話を聞いて納得できました。
お金は生きたお金の使い方が大事であるとも言ってました。
「お金はオッカネエー」とも言うそうです。人はお金があれば喧嘩もしないそうです。
最後は何故か親父ギャグの様でしたが、とてもためになる一時間半でした。
また機会があれば是非聞いてみたいです
22014年09月20日
ぽてさらだ
【投資】のイメージが180度変わるほどの、とても興味深いお話でした。


印象に残ったキーワードがいくつかあります。
「愛」 「ありがとう」 「未来」 「心と心の繋がり」・・・など
一見、投資に関係ないようで、実はとても大切なことだと知りました。

自分は投資をしたことがないと思い込んでいましたが
子どもに対する「教育投資」、自分に対する「自己投資」など
生きているあいだに、自然と行っていたようです。

(将来のためになれば・・・)との思いからの「教育投資」には
見返りなど求めていないことから
心に残ったキーワードと投資が繋がった気がしました。

【投資】とは「愛情を持って会社を応援し支えること」
藤野さんのお話をうかがって、私なりに理解し、興味がわきました。

今日のお話では、日本の多くの企業が業績を上げている、
特に地方の企業ががんばっているそうです。
経済に関心を持って暮らしていれば
心から応援したいと思える企業に出会えるかも知れません。

セミナーを主催してくださった上光証券さんは
昭和11年に小樽で創業されてから今日までの約80年間
北海道の経済に携わってこられたと聞いて
とても誠実な会社なのだという印象を受けました。

お金の使い方、経済の仕組み、成果を上げる秘訣など
ほんとうに有意義なセミナーでした。
参加させていただき ありがとうございました。
32014年09月20日
ぽてさらだ
上光証券さまの主催のセミナーに行ってきました。

上光証券とは、昭和11年に小樽で創業されてから80年続いた
北海道唯一の証券会社だそうです。
講演者は藤野 英人氏。
著書も多数書かれている、有名な投資家さんと知りビックリ。

さてセミナーの内容を3つにまとめてみました。
\い涼罎老劼っている
教育も、自己啓発も、起業も「投資」
F本は全然ダメじゃなく、中小企業は元気

以下詳しく説明します。

\い涼罎老劼っている

経済とは、物を作ったり売ったりするイメージがありますが
実は、全ての人が経済活動に参加しているのです。

例えば赤ちゃん。
赤ちゃんはオムツやベビー用品を消費するだけですが
その親はベビー用品を求める。すると、会社は商品を提供して、経済が回ります。
なので買物をしない赤ちゃんだって、立派に経済活動をしていることになります。
また、外で働いていない専業主婦だって
物を購入し消費するので、経済活動しているのです。

そもそも経済とは、社会との互恵関係(まわりとの関係で生かし生かされること)のこと。
皆がそれぞれ役割分担していて、物を作る人、買う人、売る人と
皆が支え合っているのが経済なのです。

よく、『お客様は神様』と言うが、実は、商品を作る人も神、そして売る人も神。
私たちが商品を欲しいと思っても
それを作ってくれる人、売ってくれる人や店がないと
私たちは欲しい商品を手に入れられない。
店員に偉そうに接する人もいますが・・本当は容易に商品を手にできることに感謝すべき。

そうやって、全ての人の「感謝」と「思いやり」で成り立っているのが社会であると。

教育も、自己啓発も、起業も「投資」

投資とは
『エネルギーを投入して、未来からお返しを頂くこと』

エネルギーとは
情熱を傾ける。行動する。時間をかける。回数を重ねる。知恵を提供する・・etc。
したがって、「お金」は、投資のほんの一部でしかない。

さらに投資には「自己投資」「他己投資」があるとのこと。
自己投資は、わかりやすく「自分への」投資です。
お金をかけて教育を受けたり、時間をかけて技術を学ぶなど。

他己投資は、教育への投資だったり、組織や社会への投資です。
教育の投資については
例えば自分の後輩に仕事の技術を伝えることも投資。
親が子供に教育することも、実は投資なのです。
次の日本を作るのは若い世代ですから、立派な投資ですよね。

組織や社会への投資は、株を買ったり、国債を買って応援すること。
起業することは社会への投資です。

F本は全然ダメじゃなく、中小企業は元気

過去10年の株価を見てみると
上位30社の大手はなんとマイナス24%!
しかし、大小さまざまな会社を合わせてみると
実は7割の会社が株価上昇しているとのこと!

中小企業で、元気な会社が沢山ある。
北海道にも、ホーマックやニトリのような優良企業がある。
その他、名前が知られていない小さな会社がぐんぐん伸びているとのこと。

大手の会社が売上が下がっている為に、全体が暗いイメージですが
実は、それほど日本の景気は悪くない。
だから、落ち目のブランド企業ではなく
元気な中小企業にこそ、投資しましょう、ということ。

最後にまとめとして藤野さんからの言葉。
投資は、立派な社会貢献。
現金や預金のように死んだお金ではなく、きちんと働けせるよいお金にしよう
とのことでした。

お金というより、人生哲学を学びました。
自分のやりたい事で起業することも、子供や後輩に知識を伝えることも
世の中に貢献する1つの形なのですね。。
私は、どういう形でこれから投資をしていこうかと
前向きな気持ちになりました!

ブログ↓にはもう少し長文で書きました。
http://kabinseityou.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

本当によいセミナーでした!
お金を頂いて、こんなに盛り沢山なお話を聞けるなんて・・
主婦ラボの皆さまに感謝感謝です(^^)
42014年09月20日
かいくん
「幸せ持ちになろう!〜人生を通じてのお金との付き合い方」
という題目で、ファンドマネージャーの藤野英人氏の講座を拝聴してまいりました。
9月19日付けの朝日新聞のテレビ欄を見て、上光証券の広告が目に留まりこれも何かの縁?とインスピレーションも感じてしまいました。

講座は「桐たんす物語」から始まりました。
これは、昔は女の子が生まれると桐の木を2本植えたそうです。
桐の木は18年〜24年で成木になるので、嫁入り道具として箪笥にしたのだそうです。
桐たんす物語は、まさに長期投資であり、投資とは愛であり、未来であり、我慢が必要で何十年と言う時間が必要です。
人を育てると会社が育ち、株も育ちます。

さて、この講座の中で私が最も心に残った式があります。それは、
[成果関数=考え方×覚悟×能力×情熱×行動×回数]
掛け算とうぃところがミソで、この項目のどれか1つでもゼロがあると答えはゼロになってしまいます。
やったらやりきる覚悟が必要で、人を巻き込める人が愛される。行動と回数は1回きりじゃダメ。物事を好奇心を持って見ることの大切さを痛感しました。

それから投資とはイコールお金だけではないという言葉が引っかかりました。
投資とは、「エネルギーを投入して、未来からのお返しを戴く事である。」
エネルギーとは、情熱×行動×時間×回数×知恵×お金×体力×運なので、お金はごく一部なのです。
人は、「動く人」と「動かない人」に分かれるそうです。そして、日本人の9割は動かない人に分類されているのが現実。
今回、この講座を聴きに行った参加者8名は「動く人」と藤野氏にお墨付きを戴き、自信を持ちました!!

最後に、投資家的生き方とは主体的に生きる(自分がどうするか)、未来を信じる、成長を望む、努力をする、世の中をよくする、仲間を信じる、理想と現実の中を生きる(さまようことが大事)、歴史から学ぶ、時間を味方にする、主観と客観の両面で観る、謙虚になることだそうです。
私は、正に家庭教育そのものだと実感しました。
藤野氏はリターンとは、報酬だけではなく、大学で教えた生徒が何年も経ってから道端で感謝の言葉を聴いた時に感じるそうです。
そうだな〜とうなずく場面が多かったお話でした。
52014年09月21日
かいくん
”しあわせ持ちになろう!人生を通じてのお金との付き合い方”
上光証券セミナーに参加してきました。
ファンドマネージャーの藤野英人さんのお話は「証券」「金融商品」についてではなく、”人生の中で何に投資しどう育てるか”という内容だったと感じました。


ひとつめ「投資とは愛情・未来・我慢・時間・育てること」
”女の子が生まれたら桐の木を2本植えて、1本は嫁入りの際のタンスに、一本はそのタンスを作るための代金に”
子供を大事に育てるのと同じように桐の木も育てていく、というお話。


ふたつめ「事業の成果関数」
”考え方*覚悟*能力*情熱*行動*回数”
どれか一つでもゼロ、またはどれかひとつがマイナスであれば良い成果は生まれない、ということ。


みっつめ「お金はオッカネー」
藤野さんの先輩の言葉。
”お金が原因で戦争になることもある”
お金が原因で仲間だったり友達だったり知っている人を失うこともあります。
”稼ぐ力・使う力・投資する力”のバランスが大事。
給料を上げる力と利益・倹約と必要消費・自己投資と他己消費・・・確かにどれかひとつだけでは経済ってまわらないものかもしれません。


よっつめ「しあわせの価値観」
世の中に幸せと感じるかどうかはその人それぞれで「お金」があるだけで幸せになるかというとそうではないという話。

ふだんあまり聴くことのない内容でした。
自分もそう思うなー、思わないなーと考えながら聴いていました。
そして私はずいぶん自分にいろいろ投資しているな、と感じました。

金銭的な配当はまだなかなかありませんが、幸せ=お金ではないと考えるとお金ではかえられない配当をずいぶん受けていると思います(笑)

「投資」っていうとなんだかお金ばかりで失敗すると人生失うかも・・・と思っていましたが考えが変わりました。
行って良かった興味深いセミナーでした。
ありがとうございました。
62014年09月21日
かいくん
「マネー講座」を受講させていただきました。
難しいイメージでおそるおそる参加させていただいたのですが、とても興味深く面白く、あっというまの素敵な時間になりました。

北海道に証券会社というイメージはありませんでしたが、上光(JOCO)証券さんが70数年前からの北海道の証券会社さんと知り少しびっくりです。

藤野英人さんを講師にお迎えして「しあわせ持ちになろう!〜人生を通じてのお金の付きあい方」ということで1時間半。
「5時間は喋れます!」という藤野さんの話に引き込まれ、あっという間に時が経ち(もう少し、じっくり聞いてみたかった)という1時間半でした。
「桐たんす物語」で妙に納得。(内容は割愛させて頂きます・・・っていいのか?!)

投資は
愛・未来・我慢が必要・時間・育てる
投資とはお金でお金を稼ぐ事ではなく・・・と言われれば一瞬(えっ?)と思ってしまったが
教育投資や自己投資という投資。
愛を注ぎ時間をかけこどもの未来に〜〜これならできる!
これもりっぱな投資だったのだ(笑)

お話の中で
成果関数=考え方×覚悟×能力×情熱×行動×回数
この中で一つでもゼロがあると全体がゼロになるというお話が興味深かった。(確かに)
この話はもうちょっと聞きたかったかも。

藤野先生のお話は時々、ちょっとだけの脱線をされます。
オタルで始めたから「ルタオ」だと思っていたのが、実は鳥取の寿スピリッツが買い取って・・・とか。
心の中で(鳥取って日本で唯一スタバがないんだよな。でも、やるな鳥取!)と思ってしまった。
そういう脱線の中からも「へぇ〜」と思うものが多く、ホントに時間の経つのが早く。

1時間半後に私はこの講座のテーマが何だったか忘れていました。
マネー講座だったにも関わらず、私の子育てはとんでもなく間違いではなかったのかもという所にたどり着いていました。

最後の方のお話の中にあった
「きちんと働かせる生きたお金」

この事について、私なりに何ができるか考えてみようと講座を聞いた直後、真剣に思いました。

うんうん、お金・・働らかせるぞぉ〜〜〜・・って、どこにある?(笑)

19日に参加させていただいて21日の今日。
何故か頭の隅で「きちんと働かせる生きたお金」を考え続けています。
チラッとですが藤野先生が言った「積立」という言葉も気になります。
最近コマーシャルでも見かけるようになった「ニーサ」についても少し知りたかったです。

本当に有意義な時間をありがとうございました。
72014年09月21日
かいくん
道内で唯一の地場証券会社「上光証券」様が今回、どうしてこのようなセミナーを行ったのか、私なりに考えてみました。

もし、今回のセミナーでいきなり「お金」の話をされていたら、きっと私は引いていたかと思います。
運用するような貯蓄は無いし、家計簿を付けていないし、そもそも「投資」なんてお金持ちの人がするもので一般庶民にはハードルが高いって決めつけてました。

「投資」という単語を聞くとます、イコールお金とイメージしてしまう私。
そんな人は、金・金って生きているって藤野さんがおっしゃっていて、おもわず苦笑。

皆さんのコメントに記されてるように、自己投資や他己投資はお金だけではなく、むしろお金なんてほんの一部なんですよね〜。

「働く生きたお金を自分がどのように使うのか?」
これが今回のテーマだった気がします。
82014年09月21日
かいくん
人生におけるお金のとらえ方、お金の価値観、お金との向き合い方を学んだ講習会でした。

きっと、上光証券さんは積立やニ―サをいきなり紹介するより、まず「お金」そのものに対する考え方、捉え方を消費者に学んで欲しかったのではないでしょうか。
92014年09月21日
チハホ
この講座のテーマでもある「お金の使い方」
普段、私はお金を自分と物やサービスの間にあるものだけと
思っていました。
主催の上光証券は、北海道唯一の地場証券会社です。
北見在住時にも、目抜き通りにあったのを思い出しました。
今回お話しして下さったFM藤野氏は、多数の著書と
検索ワードでも上位に位置するお方です。
印象に強く残ったのは、投資には人と場に投資する他己投資、
自分を高める為に投資する、自己投資の二種類で
二つの効果が得られる事です。
ささやかながら、帰りの買い物で普段より少しリッチなチョコレートを買い、
早速他己投資、自己投資としたのでした。
102014年09月21日
かいくん
今日の朝日新聞の27面の道内のページで見つけました!

10月4日は、ゴロ合わせで「投資の日」
ホテルさっぽろ芸文館(札幌市中央区北1西12)の3階で上光証券主催のセミナーが開催されるようです。

参加費無料で定員100名、13時半開場で2部制になっています。
1部は世界経済と金融市場の展望〜日本は復活するのか〜
2部は安倍政権の行方

上光証券さんは、色んな所で様々なセミナーを開催されてるんですね〜♪
奥が深いお話を聴けそうですよ!!
112014年09月21日
かとう
「しあわせ持ちになろう!〜人生を通じてのお金との付き合い方」
というタイトルで藤野英人先生による講座を受講しました。

まずは・・・札幌に本社がある証券会社「上光証券」さんよりごあいさつがありました。北海道の地場の証券会社は1社のみだそうです。昔は80社くらいはあったとお聞きし驚きました。
地域に密着した証券会社は今では上光証券さんしかないのですね。

今回の講座、「お金との・・・」とありましたので、難しい金融のお話がメインなのかなあと思っていましたが、予想とは全く違った内容のお話でした。
これまで「投資」という言葉から連想するのは、ハイリスクハイリターンの金融商品というイメージでした。
藤野先生のお話を聞くうちに、そのイメージが全く違ったものになりました。
投資とは・・・愛であり・未来であり・我慢や時間が必要であり・育てること。そして、「お金」に関することだけではないということ。
私たちが子どもたちを育てていることも投資であること。
何かを育てるために、時間や力や情熱やお金を注ぐことが投資なのですね。
投資家の方が株を購入しているのも、会社を応援すること、会社を育てることにつながっているというわけですね。

成果関数=考え方×覚悟×能力×情熱×行動×回数
という式を教えていただきました。
この式の中に0があればすべてが0に、マイナスがあれば負になるというお話をお聞きしました。
先日、息子の学校の先生も同じことをお話していました。
教育も投資なんですね。

私たちが普段しているいろいろなことも、一見、何でもないようなことに見えて、実は投資なのかもしれません。
それは直接お金を使っていなくても。

投資家的な生き方は・・・
世の中をよくすること・主体的に生きること・未来を信じること・成長を望むこと・努力すること・仲間を信じること・理想と現実の間を生きること・歴史から学ぶこと・時間を味方にすること・主観と客観の両面を持つこと・謙虚になること
こんな生き方ができれば、とても満たされた気持で過ごせそうですね。

今回のお話をお聞きし、毎日の暮らしの中で、自分は何かに投資しているかなあ・・・と考える機会となりました。
まだまだ子育て真っ最中です。
パートやPTA活動に追われる日々ですが、今できることを大切にしようと思います。
今回の講座に参加してよかったです!!
122014年09月30日
かいくん
今日の朝日新聞に、また新情報が載っていました!!

上光証券からの新しいサービスとして、月々1万円から始められる「定期積み立てプラン」があるそうです。
これは、毎月一定の金額を預貯金口座から自動的に引き落として、投資信託を買い付けするサービスだそうです。
0120-336-193で資料請求や問い合わせが出来るようですよ。

私はある程度通帳に貯まったら、定額預金に移すというのがパターンなので、定期はやったことがありません。
お給料がある人は自動引き落としだから始めやすいのかな?
  • 1

ページの先頭へ